沖縄の交通事情について、事前によく知っておいた方が沖縄へ車両輸送を行なう上で必要だと思います。

また沖縄旅行者がレンタカーで沖縄の道路を走る際にも参考にしてください。

私は福岡、佐賀、大阪、京都、神戸、姫路、滋賀と様々な土地に住んでいた経験があります。

福岡、佐賀以外は車の運転を日常的に行なっていました。

沖縄でも帰省時に運転をしていましたが、沖縄移住後に日常的に運転をするようになって、沖縄の交通事情は、他の都道府県と比べて、かなり特殊だと感じています。

沖縄独特の交通事情

車両の信号無視が日常茶飯事

あり得ない話ですが、沖縄では車両が信号無視をして突っ込んでくることがよくあります。特に右折矢印信号が点灯している際によく起きます。沖縄 交通事情

すなわち、直進車は目の前の信号が既に赤になり、右折矢印信号に変わっているのに直進をしてくるのです。

そのせいで右折車両が右折するタイミングが非常に遅くなり、右折車線が大渋滞を起こしている例が枚挙に暇がありません。

沖縄県警もそのあたりをしっかり取り締まって欲しいものです。

 

停車時にハザードを出さない

沖縄の車は停車をしたいときにハザードを出さずに路肩付近でウロウロしながら停車します。後ろを走っている車は、前の車がどうしたいのかわからず、非常に気をもむことになります。

一部の車だけでなく、ほとんどの車がハザードの使い方を知らないのか、ハザードを出しません。

おまけに、逆にこちらがハザードを出して停車をするも、後続車がこちらの車の後ろに連なって待っています。

これにはまいります。

沖縄の自動車学校はハザードの使い方をちゃんと教えていないのでしょうか?

追い越し車線をゆっくり走る沖縄 交通事情

沖縄の道路を走っていると二車線道路が多いのですが、いわゆる追越車線をゆっくりと走っている車に、よく遭遇します。

この現象は一般道路に限らず、高速道路でも起きます。

追越車線をゆっくり走られる神経を疑うのですが、内地の高速道路でよく見られる後ろからの煽り運転をする車もあまりなく、速く走りたい車はゆっくり走る車を左側の走行車線を使って追い越して行きます。

沖縄の高速道路は滅多に渋滞がないので、こうしたことが許されているのかもしれません。

しかし、車のスムーズな流れを阻害することにもなりかねませんので、高速道路では特に、基本的に走行車線を走り、追い越したいときにだけ追越車線から追い越しをかけるというルールを守って欲しいものです。

駐車場での駐車は頭から突っ込む

沖縄 交通事情沖縄でコンビになどに立ち寄ると、必ず見かける名物が駐車場での前向き駐車車両の群れ。

前向き駐車とは、つまり、コンビにであればコンビニの建物に向けて運転席の方から突っ込んで駐車をする方法。

私は後のことを考えて後ろ向き駐車をすることが多いのですが、沖縄の駐車場では前向き駐車のオンパレードです。

本土では後ろ向きが主流で、前向き駐車も多少は見られましたが、沖縄では皆で決めたかのように前向き駐車ばかりです。

これには特に害はないのですが、沖縄の交通事情の中でも不思議なルールが県民の中には存在しているかのようで奇妙に見えます。

沖縄の交通事情は、このように全国的に特殊な例が多いので沖縄旅行や移住で沖縄の道路を運転する際には十分にご注意下さい。