リージョンクラブは、沖縄北谷の米軍基地「キャンプフォスター」のそばにある元米軍の将校クラブだそうです。

1974年からはアメリカンレストランとして営業していたようですが、レストランは閉店。

しかし、今でもリージョンクラブの2階は元、現役問わず米兵が訪れるバーとして営業しているようです。

このリージョンクラブによく行くという日本人の紹介でリージョンクラブを訪れました。

キャンプフォスターに潜入する際にお世話になったノームさんも、いつもの席に座っていました。

リージョンクラブ

リージョンクラブは英会話に最適の環境

リージョンクラブには、今でも元米兵、現役の米兵のたまり場になっているらしいです。

今回二回目の訪問で、がっつりドリンクを飲んだり、ご飯を食べたのは初めてでしたが、カウンターには前回と同じメンバーや、初顔の人が腰をかけてお酒を楽しんでいました。

リージョンクラブ

私たちの隣には、フィリピン系アメリカ人でカリフォルニアから沖縄に赴任してきたシビリアン(たぶん職員)の方が座っていました。

なんでわかったかって?

そりゃ、英会話をしたわけですよ。

エヘン。エヘン。

英語でのコミュニケーションは苦手意識があるのですが、「You speak English very well」(と聞こえた)と言われて嬉しかったです。

でも、ありきたりの会話から深い話になるとまるでダメでした。

スピーキングはできても、ヒアリングがダメですね。

わからない単語が出てきたら、もうダメです。

それでも、彼の基本情報がわかって、英会話の楽しさがわかった気がします。

リージョンクラブに通ったら、多少は英会話が上達するかも。

リージョンクラブへSam’s cafeからステーキの配達

この日は本当はキャンプフォスターフェスティバルへ行く予定で、リージョンクラブで待ち合わせしたのでした。

でも、雨が降っていて、フェスティバルへ行くテンションがだだ下がり、リージョンクラブでご飯も食べることにしました。

リージョンクラブの隣にはSam’s cafe(サムズカフェ)があり、そこからステーキを取り寄せることになりました。

サムズカフェは、このブログでも紹介したサムズグループのひとつで、セーラー服の店員が接客してくれる素敵なお店です。

サムズのステーキはかなり美味しかった記憶があったので、楽しみに待っていました。

リージョンクラブ

ステーキを待っている間にリージョンクラブをあらためてご紹介。

ココはもともと米軍の将校クラブだったらしいので、店内は格式高い雰囲気です。

アメリカの高級社交クラブという雰囲気です。

と言っても、アメリカの高級社交クラブには行った事がなく、映画で想像する程度ですが・・・。

リージョンクラブ

そんなこんなでステーキを待っていると、フェスティバルであげている花火見物をしました。

リージョンクラブの外の廊下から花火が見えたわけです。

花火をFlower Fireと直訳したら、そうではないようですね。

正しくは Fireworks と言うそうです。惜しい。くはないかぁ(> <)

外は大雨。

フェスティバルをキャンセルしてよかったです。

花火も見られたし、英語でコミュニケーションとれたし、ステーキも食べられるし。

と、そこへようやくセーラー服の女の子が登場。

セーラー服と言っても女子高生が着ているあの服ではありません。

水兵さんが着ている、あちらの方です。

取り寄せたステーキは、既に切られていてサイコロ状態なのが少し残念でした。

リージョンクラブでサムズのステーキ

それでも、皆でステーキを囲み、ピクニック気分。

ステーキはやっぱり美味しかったです。

キャンプフォスターフェスティバルには行けなかったのですが、リージョンクラブで十分満喫できて、充実した一日になりました。