2013年3月に沖縄移住した際、私は沖縄へ50ccバイクをフェリー輸送しました。バイク輸送

マルエーフェリーという船会社へ直接バイクを大阪南港へ持ち込み、那覇新港へ取りに行くというプランでした。

料金は7920円。

当時は沖縄で足がなく、重宝しましたのでバイク輸送料金としては、安い料金だと思います。

移住前に私は大阪市福島区に住んでいました。

大阪南港まで50ccバイクで行かなければなりません。

輸送当時、あいにくの雨。おまけに3月の大阪は極寒。

防寒を完璧にしても冷たい雨に身も心も震えました。

約1時間半をかけて、ようやく大阪南港に到着。

マルエーフェリーの大阪事務所へ50ccバイクを預けて、帰りはバスです。

最寄のバス停まで15分。バスで最寄の駅まで行き、そこからようやく電車で帰宅。

これまた1時間半ほどかかりました。沖縄へのバイク輸送が半日仕事でした。

沖縄でバイクの受け取り

沖縄へ引越しを終え、2日後ぐらいにバイクが沖縄の那覇新港に届いているはずです。

沖縄 バイク輸送沖縄移住当初は首里にしばらく住んでいたので、首里から那覇新港へバス移動です。

調べてみると、バスは乗り換えしなければいけないようでした。

最寄のバス停からバスに乗るのに便利な県庁前へまずは移動しました。

県庁前で那覇新港行きのバスを調べると、これがまた本数が少ない。

ちょうど住民票の異動届けも出す機会があり、市役所で時間をつぶしました。

県庁前からバスで約30分。ようやく那覇新港でバイクの受け取りです。

私のバイク、ちゃんと届いてました。

大阪南港でお別れして以来のご対面です。全くお変わりなく感動の再会。でもありませんでした。

そこからバイクで帰宅。エンジンもちゃんとかかり、調子よく帰路に着いたのでした。

沖縄にはモノレールしか電車がなく、モノレールも限定区間を走っているだけなので、沖縄移住をお考えなら車両やバイクは必須です。

大阪から沖縄へのバイク輸送はマルエーフェリーへ直接依頼しても対応もよく料金も手頃でした。
参考にしてください。