高原7丁目製パン所「ベーカーズアントレ」は、沖縄市高原にあるパン屋さん。

ピザ屋と隣接するパン屋さんです。

当初、高原7丁目製パン所という名前のパン屋さんと思いきや、正式名称は「ベーカーズアントレ」だったようです。

ピザ屋さんはピザアントレと言います。

最近、横文字で英語以外のフランス語やイタリア語の店名をつけるお店が増えています。

わざとお客に読めない店名をつけているのかと思うほど、カナ振りもなしにしています。

お客の知性レベルを信用しているのか、それとも、どうせ読めないだろうとバカにしているのか、なぜ読めない店名をつけるのか私には不思議でなりません。

なぜなら、お店の名前はお客に認知してもらってなんぼのもの。

覚えてもらえない、そもそも読めない名前をつけるのは、いかがなものか。

話は思いっきりそれていますが、「高原7丁目製パン所」という名前はわかりやすい!

でも、「Baker’s Entre」の部分は記憶に全く残らない。

店名は「高原7丁目製パン所」もしくは、カタカナでいいのではないのだろうか?

→ 余計なお世話や~って言われそう。

ベーカーズアントレ看板

ベーカーズアントレのオススメは七色のメロンパン

ベーカーズアントレは外観もオシャレで、店内もオシャレなパン屋さんでした。

ベーカーズアントレ店内

チョコレートコルネと、出た!モンドセレクション金賞のあんぱん、そして食パンを購入しました。

コルネ食べたのは何年ぶりだろう。

沖縄ではあんまり見ないラインナップです。

そのコルネ。めちゃくちゃ美味しかったです。

モンドコレクション金賞は、あちこちのお菓子や食べ物で出てきます。

金賞がたくさんある理由はここでは書きませんが、このアンパン、クリームチーズ入りで、これまた美味~。

あんことクリームチーズのハーモニーに、舌がものすごく喜んでいる感じでした。

あ、もうひとつ、肝心なパンを忘れていました。

メロンパンも購入したのですが、これが七色のメロンパン。

メロンパンである限り、メロンに外観が似ているはず。

つまり、メロンパンは緑色でなければならない。

そんな常識を覆す七色のメロンパンです。

ベーカーズアントレのメロンパン

 

商品名はメロンBOXというらしいです。

このメロンパン、表面のカリカリ感がなく、全体的にめちゃくちゃ柔らかいメロンパンでした。

すごく甘くて美味しかったです。

ベーカーズアントレの食パンが90円で手に入る!

レジに並んで清算をしようとすると、目に飛び込んで来たのが食パン90円。

ベーカーズアントレ食パン

 

この日はちょうど火曜日。

すぐに会員登録して食パンを90円でゲット!

スーパーで買うより安い!

ベーカーズアントレの食パン

 

翌朝の朝食で頂きましたが、確かに柔らかくてもちもち感がすごくありました。

よくあるメール会員登録で何かをプレゼント、もしくは割引となると、一度サービスを受けたら、すぐ登録解除する人もいるでしょう。

ベーカーズアントレのやり方では、毎週三回、メール会員がお得な日があるので、登録解除はなかなかしないのではないか?

そんな風に思いました。

食パンは朝食に最適なので、お得感もあり、お客も満足することでしょう。

メール会員もあり、スタンプカードもあり、ベーカーズアントレはマーケティングが上手なお店だと感じました。