大東寿司「丸寛」は、沖縄県の中城(なかぐすく)村にある大東寿司のお店。

今回、友達からの口コミ情報で訪問してみました。

彼は同じ関西からの移住仲間。

沖縄では一人暮らしなのですが、この大東寿司にはまり、毎週通っているほどだそうです。

そんなに美味しいなら行く価値がある。

そう思い、行ってきました~。

行く前に思い込んでいたことがあります。

大東寿司は、この寿司屋さんの屋号かと思っていました。

食べた後に、この記事を書く為に少し調べたところ、大東寿司は大東島の名産の総称なようです。

なんだぁ。

そういえば、那覇空港にも大東寿司があるって彼は言っていました。

私は大東寿司という寿司屋のチェーン店かと思っていましたが、全く別のお店だったようです。

大東寿司「丸寛」は予約した方が無難な人気店

この前の日に私達は那覇で用事があり、帰り道に北中城を通りました。

その時に思い出したのが、大東寿司。

そうだ。晩御飯はお寿司にしよう。

私は寿司が大好物。

私の口は寿司口になっていました。←どんな口やぁ~。

そこで、電話をしてみました。

しかし、確認してみると本日は完売したとのこと。

まだ夕方の17時前の話です。

あまり量を作らないのか完売したらクローズのようです。

残念。

仕方ないので翌日の予約をして、その日は北中城を寿司口になりながら帰路につきました。

営業終了時間前に完売するほど大人気の大東寿司「丸寛」は予約をちゃんとしてお伺いした方が確かです。

そして、待ちに待った翌日。

わざわざ、うるまから車を飛ばして行きました~。

北中城からは、高速のインターを横目に南下。

ひたすら県道29号線を真っ直ぐに進むと、左手に急に現れるのが大東寿司。

那覇方面から来たらわかりやすそうですね。

外見は普通の一軒家のお宅に立派な看板が掲げられています。

大東寿司

いくらでも食べられそうな大東寿司

大東寿司のメニューのネタは1種類だけ。

セットの数で値段が変わります。

店内には飲食スペースがあるのですが、ここは「持ち帰り専門店」。

私達は10個セットを2セット買いました。

大東寿司「丸寛」

寿司屋ですが、1種類のネタを限定販売するのはうまいやり方だなと思いました。

在庫リスクが全くないんですね。

生魚を扱うので、手広くしてしまうと、かなりの廃棄が必要になりますからね。

大東寿司を手に自宅近くの海中道路まで戻り、海を眺めながら寿司を食べました。

大東寿司「丸寛」

パッケージを開けてみると、目に飛び込んで来たのはサーモンオレンジの寿司。

ネタの裏側から緑のワサビが透けて見えます。

ワサビは入れていいかどうか先に聞かれるので、苦手な人はパスができます。

大東寿司をひとくち頬張ると、口の中にワサビの香りと味が広がり、白身魚のあっさりとした風味と絶妙なコラボを繰り広げます。

そう、大東寿司は白身魚を醤油づけにしたネタを使用しており、食感はバッテラや富山のます寿司を思い起こされます。

「美味しい~」

10貫があっという間に感じられるほど、美味しかったです。

大東寿司「丸寛」大東寿司「丸寛」

って、余談ですが、この日は風が強くて海のそばでの食事は寒すぎて困難でした。

寒さに耐えられず、途中から車に中に逃げ込んだほどです。

それにしても大東寿司ややみつきになりそうな味です。

今度は30貫2000円のメニューにしよう~。

大東寿司「丸寛」の寿司ネタとは?

大東寿司「丸寛」が扱っている寿司ネタが、いったい何の魚か検索してみたのですが、いろいろな情報が飛び交っていました。

まず、大東寿司「丸寛」のパッケージには、単に「魚」とだけ書いてました。

他の人の口コミ情報をみると、単に「白身魚」と書いている人が多いです。

他に「かじき」とか「さわら」とか情報が錯綜しています。

かじきって魚はかじきまぐろと言うぐらいなので、まぐろの一種かと思ったら、全く別の魚だそうで、勉強になりました。

結局、どちらかわからず仕舞いでした。

お店の人に聞けばよかった。今度行ったら聞くことにしようっと。

もうひとつ情報が錯綜しているのが、大東寿司「丸寛」の定休日。

年中無休の情報があったり、食べログでは月曜日になっていたり。

私が行ったこの日が月曜日だったので、予約をしていながら不安で前もって尋ねて行きました。

正式な定休日は「水曜日」だそうなのでお間違えなく。(2015年3月25日現在)

大東寿司「丸寛」

◎大東寿司「丸寛」基本情報

沖縄県中頭郡中城村北上原888
098-895-7670