沖縄はキレイな海が宝ですが、沖縄の海の幸は残念ながらそれほど美味しいわけではありません。

沖縄の魚は色とりどりの見た目は美しい魚が多いですが、刺身で食べるとそれほど美味しくありません。

僕が大好きなまぐろやはまちも県内のスーパーなどで売られている魚は、どこか変わった色をしていて美味しそうに見えません。

味も今ひとつ何かが足りません。

魚介類が暖かい海で育つので、脂肪がのらないことが原因だと、僕はひとりで納得しています。

沖縄のガーリックシュリンプに魅せられて移住

ところが沖縄のガーリックシュリンプに魅せられて、遠く山形から移住をし、お店を開いた若い女の子がいます。

彼女は沖縄旅行の時に沖縄が好きになったそうで、その時に食べたガーリックシュリンプがとても美味しかったらしく、沖縄でガーリックシュリンプの専門店を開くのが夢になったそうです。

そんな想いが書かれたチラシが僕の自宅のポストに投函されていました。

かなり気を引くチラシで、僕の本業のマーケティングの観点からも売れるチラシの要素が満載でした。

チラシを見ると、つい最近、お店を近所にオープンしたらしい。

お店の地図を見ると、離島へ向かう海中道路の左側に僕の自宅があるのですが、右側がそのお店。

そこで、早速行ってみました。

月曜日の夕方遅くに行きましたので、店内は僕らだけの貸し切り状態でした。

ガーリックシュリンプ沖縄で食べるならcafeうみやー

オープンしたばかりなので、お店はキレイでした。

机と椅子は海の家にあるようなプラスチック製。

どこか懐かしい沖縄の食堂って雰囲気ですね。

目の前に屋慶名の海が広がり、海中道路と離島が視界に入ります。

もう日が落ちていたので、この時は海中道路のライトアップがキレイでした。

沖縄のガーリックシュリンプ専門店cafeうみやー

夜は20:00で閉まるようですが、一応、泡盛も取り揃えています。

僕たちはうちでワインぐらいしか飲まないので、遅い夕飯を食べることにしました。

チラシに掲載されていた初回限定のゴジラサイズのガーリックシュリンプを妻が注文、僕はこの記事を書きながらも実はエビアレルギーなので、焼きそばを注文しました。

山形出身の子で焼きそばは秋田風だそうです。

ガーリックシュリンプが最高に美味しかった!

沖縄産のガーリックシュリンプ

ガーリックシュリンプはワンプレートで登場しました。

ご飯が目を引きますね。

男が好きな形です。きゃあ~。

妻いわく、エビがプキプキでソースがとてもマッチして美味しかった~と。

僕はエビを美味しいと思うのですが、何せ体が受け付けません。

食べると美味しいと思いながらも、もどしてしまいます。

なぜかかっぱえびせんは大好きなんですよね。

体も反応しませんし。

おっと、話がそれました。

僕が食べたのが焼きそば。

cafeうみやーの焼きそば

キャベツなどの野菜がいっぱいで目玉焼きが乗っています。

秋田風は初めてなので、美味しかったのですが、違和感はありました。

ソースがウスターでした。

関西のようにどろどろの焼きそばソースではないんですね。

日本は広いって思いました。

縦に長いので、ケンミンショーでもやっていますが、各地で食べ物が違うようです。

何はともあれ、ここは沖縄。

遠い山形からやってきて正月も帰省せずに頑張っているようです。

みんな行ってあげてくださいね~。

あ、その場で作ってくれたポップコーンも美味しかったです。

コーヒーが名護コーヒーという沖縄産のコーヒーでした。

癖がなく飲みやすかったですよ~。

このブログを見たと言ってくれたら、スマイルゼロ円で迎えてくれますよ~。→ なんのこっちゃ。

沖縄のガーリックシュリンプ専門店cafeうみやー店内

●店舗情報

cafeうみやー

沖縄県うるま市与那城屋慶名1513-1

098-923-4098

営業時間:11:00-20:00

定休日:火曜日

駐車場:2台