イオンモールライカム沖縄にランチに出かけました。

今回行ったのは五穀という釜飯屋さん。

店名が五穀で、釜飯なのでご飯がものすごく美味しそう。

一見すると釜飯というからには駅弁でよく見かける釜飯を思い出させますが、白いご飯を釜で一人分ずつ炊いた釜飯がついた定食がメインでした。

五穀の釜飯

写真の釜が一人分です。

ご飯は一度に大量に炊いた方が美味しいという常識を持っていましたが、五穀では釜飯を一人分ずつ炊いてます。

五穀の店内

 

五穀の店内

 

五穀の店内はこぎれいな和食屋さんという雰囲気でした。

お店の前に食品サンプルでメニューを見ていたのですが、中に入るとメニューがもっと豊富にありました。

鯛釜飯もありました。

やっぱり、鯛釜飯がメインかな?

でも、入り口でみた白ご飯の釜飯がついた定食セットを食べる気満々でお店に入ったからなぁ。

少し迷いながら、やっぱりとんかつ定食にしました。

五穀に行かれる方は食品サンプルの段階でメニューを決めない方がいいかもしれません。

→余計なお世話やぁ~。

ウエイターが注文を聞きに来て、「ひとり分ずつ釜で炊くので10分ほどお待ちください」と説明しました。

それから25年。

→間違い。

それから25分。

あやうくお腹と背中がくっつきそうになりながら待っていると、ようやくやって来ました~。

五穀のとんかつ定食

 

五穀のとんかつ定食。

イオンモール内にはとんかつ専門店もあるのに、五穀釜飯屋でとんかつ定食?

でも、なめてはいけません。

ご飯が釜飯だから~♪

五穀釜飯定食

 

ちなみにうちの奥様は鶏の塩工事(工事してどうする~) →変換ミスです。

気を取り直して、鶏の塩麴焼き。

食品サンプルよりかなり焦げ目入りの大サービスでした。

五穀の釜飯はかき混ぜて5分蒸らしていただくのがベストだそうで、テーブルにはご丁寧に砂時計が置いていました。

「五穀の釜飯は一日にしてならず」

まだお預けです。

既にお腹が背中のほうに回って来ています。

五穀の釜飯

 

五穀の釜飯

 

砂時計も落ちきり、ようやくありつけます。

釜飯のご飯をひとくち。

まあ、その美味しいこと。

少し固めに炊いているので私の好みでした。

柔らかい方が好きな方は、少し固いかも。

お腹が好き過ぎて相当美味しく感じたのか、本当に釜飯が絶品だったのか、後者だといいのですが・・・。

五穀の釜飯は辛抱して待つ甲斐がある美味しさでした。

ちなみにとんかつも柔らかくて美味しかったです~。

関西ではあまり見かけなかった五穀。

大阪は南の方に分布しているようです。

私たちの行動範囲は北が中心だったので、道理で見なかったわけです。

釜に入ったご飯、少ないように見えましたが、食べてみると茶碗に2杯半ほどありました。

とても満足感、満腹感のあるランチでした~。

デザートに食べたわらびもち。

沖縄にはあまり美味しい和風スイーツがなかったのですが、五穀のわらびもちは久しぶりに美味しい和菓子を食べた気がしました。

満足、満足。

五穀のわらびもち