グリーンルームは、沖縄の北部、今帰仁村の小高い丘の上にある超絶景カフェでした。

今帰仁の小高い丘には、今帰仁サンシティ希望が丘という別荘地があります。

東シナ海が望めるロケーションのいい場所なのですが、今帰仁に入ってからも車で10分ほど山登りをしなければ到達できません。

山登りに興奮したのか、チワワのマルが自分で運転したがります。

こらっ、マル、運転免許持ってないからダメやってば。

グリーンルーム 沖縄 希望が丘

今帰仁の高原の別荘地に立地しているグリーンルーム

山道を抜けると、そこは閑静な別荘地。

陸の孤島のような地域なのですが、信州の高原地帯を思い出させるような空間です。

その別荘地帯の最上部の方にグリーンルームは立地していました。

グリーンルーム外観  グリーンルーム 外観

知人の大きな別荘にたどり着いたかのような外観の建物がグリーンルームでした。

建物の中に入ると、目に飛び込んで来たのが窓一面にパノラマのように広がる絶景。

グリーンルーム店内

って、しまった!店内からみえる絶景の写真がない(><)

気になる方は、グリーンルームに行ってみてくださいね。

実は、グリーンルームはこの日がまだオープン4日目。

建物も調度品も何もかも新品。

う~ん、新品はやっぱり気持ちがいいです~。

この日はペット連れなので、テラス席へ直行。

テラス席の向こうには芝生の広い庭が広がっていました。

まるでドッグランに使ってくださいと言っているように広い空間です。

斜面になっていて、庭の向こうには東シナ海が展望できます。

東シナ海には、伊是名島、伊平屋島がすぐそこにあるように浮かんでいます。

グリーンルームテラス席

庭には二羽ニワトリが・・・。

→ まちがい。

庭にはブランコがあり、早速乗ってみました。

グリーンルームのブランコ

かなりのウエイトのせいか、ブランコはギシギシ異音を発していました。

やばい、やばい、新品のブランコが壊されたら、オーナーも枕を涙で濡らすことでしょう。

ブランコを早々に降りて、広い庭を散歩しました。

グリーンルームテラス席

庭の隅のシャボン玉発生装置から、絶え間なくシャボン玉が繰り出され、高原の別荘地の優雅な雰囲気を演出していました。

庭の散歩を終えて、テラス席に戻るとランチが届けられました。

グリーンルームのランチは本格タイカレーがメイン

グリーンルームのランチは、タイカレーがメインらしく、私たちはもちろんタイカレーを注文しました。

出てきたタイカレーが、ごっつう本格的。

グリーンルームのタイカレー

そして、本場タイのタイカレーより超美味でした。

って言っても、タイでタイカレーは食べたことありませんが・・・。

私は二回タイに行ってますが、タイ料理は美味しいというイメージがありませんでした。

タイでタイカレーも見たことも聞いたこともありません。

まあ、ええかぁ。

タイカレーは、カレールーがどろっとしていなくて、スパイシーなスープカレーのようなルーでした。

おまけにカレーに乗せられた豚肉は柔らかく、とても上品な味付けでした。

海と空と大自然を眺め、ゆったりと流れる時間を味わいながらの優雅なランチを楽しみました。

メニューの写真があまりに美味しそうだったので、デザートにパンケーキを頼んでしまいました。

グリーンルームのパンケーキ

グリーンルームのパンケーキ

パンケーキも本場パティシエが作ったような本格的なデザートでした。

パンケーキを食べに、グリーンルームに来ても価値があると思いました。

実は、グリーンルームは、このブログでも登場している北谷オーシャンズのオーナーがオープンしたお店です。

彼は、これまたこのブログによく登場するオタマビスケットのオーナーの知人らしくて、今回オタマからオープンを聞きつけての来店です。

北谷のオーシャンズは、私の本業ブログに「飲食店の集客方法」の事例としても登場させたほど、お店の運営、マーケティングが上手なお店です。

来店するとお客が気持ちよくなるにはどうしたらいいかを常に考えてくれているような接客をします。

沖縄の北部に遊びに行くなら、グリーンルームはオススメです。

観光客もちゅら海から近いので、水族館の後のランチはグリーンルームで決まりでしょ!

グリーンルームスタッフ

◎店舗情報

グリーンルーム

〒905-0426 沖縄県国頭郡今帰仁村字諸志 2088-9
おきなわけん くにがみぐんなきじんそん しょし
営業時間 11:30 – 19:00 ( L.O. 18:00 )
定休日 木曜日
お支払い 現金・カード
TEL: 0980-56-5941