那覇にいまいパンというパン屋さんがある。

そのいまいパンが、あるイベントで出店して「1時間で1000個を完売した」という噂を聞きました。

昨年、知人のお店をお手伝いし、4時間ほどで700個完売した経験があり、1時間で1000個の凄さは理解していました。

絶対行ってみたい。

そう思って行って来ました。いまいパン。

いまいパンは行列ができるパン屋

新都心から安里を経由して真和志とあまりなじみのない道を、ナビに従って進むと、道の両端がすごいボリュームの墓で囲まれました。

そう、いまいパンは識名霊園の中にあるんですね。

世界遺産「識名園」のほど近くにお店はありました。

 

いまいパンの外観

識名園は旧琉球国王の別荘地。

車内から後ろを振り返ると、真っ赤な首里城が見えました。

格式高そうな立地ですが、周りの住宅街は下町の雰囲気です。

いまいパンの外観はオシャレな印象を受けました。

中に入ると、外観の印象に比べて狭いと感じました。

どうやらお店の左側領域がパン工房になっているようです。

いまいパンの工房

店舗スペースは5坪ほどでしょうか?

先客が既に二組おられました。

パンの棚には所狭しと二重、三重にパンが盛られていました。

パン屋さんでこれだけぎっしり盛られているのを見るのは初めてでした。

いまいパンの陳列棚

いまいパンの陳列棚

この陳列方法だと「わたしを食べて~」とパンが訴えかけてくるようです。

中にはかわいいパンもあり、目を楽しませてくれます。

いまいパンのパンダパン

いまいパンダ・・・1個100円、2個200円、3個300円、4個400円。

ん?この表示は何か意味があるのでしょうか?

まとめて買っても同じ値段^^;

いまいパンのおさるちゃん

しっかり干支のおさるパンもあります。

僕たちはチキンカレーパン、フレンチトースト、板チョコパン、チーズアマンダ、いまいパンダを購入しました。

お店を出ようと気がつくとたくさんの人が行列を作っている状態でした。

通りがかりのおばちゃんが「ここには何があるの?」と行列の人に聞いて並んでいました。

行列ができるパン屋。やはり1時間で1000個完売の人気は本物のようです。

いまいパンはフランスで修行の本格派の味

いまいパンは夫婦で経営をしているようで、ご主人がパン職人、奥様がパティシエだそうです。

お二人がパリへ修行へ行ってた時に出会い、奥様の故郷の沖縄でお店を開くことになったそう。

つまり、いまいパンはフランスの香りがする本格的なパン屋さん。

帰りの車の中で待ちきれず食べたチキンカレー。

外はカリッ、カリッでいい感じ。

ところが、中がモチッ、モチッ。

なにこれ~?

食感に感動し、味にも感動。

メチャクチャ美味しかったのです。

僕は沖縄のパン屋で宜野湾市のパン屋ホッペパンの本格ホテルカレーのカレーパンが忘れられない味だと思っていましたが、いまいパンのカレーパンはそれに匹敵するほどの衝撃でした。

板チョコパンも板チョコとクリームが絶妙なハーモニーを口の中で繰り広げ、すごく美味しかったです。

いまいパンの店内

いまいパンの店内

パンがこれだけ美味しいのなら、スイーツも期待できそうです。

今度はスイーツを買いに行こうと思いました。

1時間で1000個完売の噂はかなりの信憑性がある、いまいパンの実力は本物と感じました。

●店舗情報

いまいパン

住所:那覇市真地12-4
TEL:098-836-3008

定休日:月曜日、月1火曜日不定休

ブログ:http://imaipain.ti-da.net/

いまいパンの営業時間