パインツリーブレス(pine tree bless)というレストランにランチに行きました!

と言っても、帰って来て記事を書こうとして、初めてこんな名前だったんや~と、行った張本人が思ったほどなのでピンと来ないかもしれません。

おもろまち駅直結のDFSショップTギャラリアの3Fレストランと言った方がピンと来るかな?

でも、パインツリーブレスの店名で結構たくさんの人が検索しているので、みんな知っていたのね。

パインツリーブレス(pine tree bless)は沖縄に2店舗あるそうです。

前述のとおり、僕たちが伺ったのはおもろまち駅前のDFSギャラリア沖縄3FにあるTギャラリア店です。

DFSギャラリアには何度か行ったことがあり、リニューアル前の3Fレストランも一度行ったことがあります。

その時はフードコロシアムという多国籍料理のフードコートでした。

雰囲気は悪くありませんでしたが、今だから言いますが、味がそれほど美味しくありませんでした。

うちの妻はここでタコライスを食べたら、タコライスが嫌いになったそうです。

そう思っていたらDFSギャラリアは改装され、Tギャラリア by DFSとして生まれ変わりました。

それから何年か経ちましたが、ようやく行ってみました。

3階のレストラン。「パインツリーブレス(pine tree bless)」。

Tギャラリア by DFSには駐車場があった

今回、初めて気がついたのですが、Tギャラリア自体にもちゃんと駐車場がありました~。

Tギャラリアにはレンタカーショップが複数入っていて、僕も利用したことがあり、レンタカーの広い駐車場の存在は知っていました。

そのため、レンタカーの出入り口しかないかと思っていたら、一般駐車場もちゃんとあるんですね。

しかも、無料で駐車ができます。

もうサンエーメインプレスへ駐車して、歩いてくる必要はありません。

駐車場の入り口は、おもろまち駅や330号線と反対側の道路沿いのゲオ新都心店の向かいあたりにあります。

パインツリーブレス(pine tree bless)は一流ホテルのレストランの雰囲気

パインツリーブレス(pine tree bless)に入ると、すぐに支配人らしき方が出て来ました。

まるで一流ホテルのレストランに来たみたいな気分になりました。

かつてのフードコートとお店の作りは変わってない居抜きのような気がしますが、雰囲気は洗練されていました。

パインツリーブレス(pine tree bless)の店内

一歩お店に入っただけでセレブな気持ちになりました。

案内されたのは、お店が一望できる一段高いソファー席でした。

席に着くと目に飛び込んで来たのがヴィトンのナプキン。

ただの紙ナプキンですが、不思議なものでさらにセレブな気分になりました。

パインツリーブレス(pine tree bless)のヴィトンのナプキン

ご飯を食べた後に支配人がやって来て、この紙ナプキンだけを持っていくという不思議な行動をされました。

紙であってもブランド品。

持って帰る人がいるのでしょうか?

もしかしたら、かなり高級品なのかもしれませんね。

まあ、支配人の行動で、これが使いまわし品であることが推察されました。

パインツリーブレス(pine tree bless)の座席は基本的にソファーになっており、とても座り心地がよかったです。

背が高いソファーなので、周りの視界が遮断され、隔離されてちょっとした個室気分。

ランチ以外で喫茶としても落ち着く空間なのかもしれません。

パインツリーブレス(pine tree bless)のランチはリーゾナブルながら超満足

パインツリーブレス(pine tree bless)の店内はお店の中央に厨房があり、周りから見えるようになっています。

そこでは多数のコックさんが働いており、見える化されています。

ホールはウェイトレスが歩き回り、各テーブルをかなり頻繁に見回ってくれています。

この日は平日でしたので、客は少なかったのですが、スタッフはかなり充実しており接客は訓練された印象を受けました。

店内が広く、スタッフ呼び出しボタンもないので注文するのにたいへんそうに見えましたが、ここはIT化されていました。

メニューがタブレット端末だったのです。

パインツリーブレス(pine tree bless)の端末メニュー

ウエイトレスが水とともに持ってきたのが、このタブレット端末。

メニューはここで選択し、この端末から注文までできました。

僕はIPADユーザーですが、お店で使われているのが東芝、つまり日本メーカーの商品というのは好感が持てました。

これならお店が広くても、客がウエイトレスを大声で呼ぶ必要がありません。

また、ファミレスや居酒屋のような呼び出しボタンのピンポンという音で雰囲気が台無しになることもありませんね。

パインツリーブレス(pine tree bless)のコンセプトは「お洒落な大人が集まる場所」とのことです。

こうした細かいところの気配りにコンセプトを実践する姿勢が垣間見えて、とても気持ちよく過ごすことができました。

ランチですが、妻はパスタ、名前は忘れましたがエビが入ったパスタです。

僕はローストビーフのランチセットを注文しました。

これがこの雰囲気のレストランでこの値段?というほどリーゾナブルでした。

パインツリーブレス(pine tree bless)のサラダとスープ

セットについてきたのがサラダとスープ。

コースの前菜を食べているようでした。

パインツリーブレス(pine tree bless)のランチパスタ

パインツリーブレス(pine tree bless)のランチローストビーフ

パスタにはパンがついてきていました。

ローストビーフは、とても柔らかく、記事を書きながら蘇るあの味はもう一度食べたくなる美味しさでした。

パインツリーブレス(pine tree bless)のホームページによると、「沖縄一のレストラン」を目指しているとのことです。

僕の中では初訪問ながら、このレストランはそこに近い位置にインプットされました。

少なくても人を招待したくなるレストランですね。

超おススメです。

●店舗情報

パインツリーブレス(pine tree bless) Tギャラリア店

住所:沖縄県那覇市おもろまち4-1 Tギャラリア沖縄3F

電話番号:098-941-3335

営業時間:月~木・日 11:00~21:00
金土祝 11:00~22:00