ピパーチキッチンは、那覇市西町にあります。

雑誌等で拝見し、移住当初から気になっていたので、何度かランチに伺いました。

しかし、一度目は雑誌の休日と実際の休日が異なっていて、営業日に伺ったにもかかわらずお店は休み。

二回目も理由は忘れましたが空振り。

三回目はイベント出店のための臨時休業でまたまた空振り。

縁がないのかとあきらめかけていたところ、西町の隣の東町に用事があり、今度こその思いで出かけました。

四度目の正直で、ようやピパーチキッチンの念願のランチにありつけました。

ピパーチキッチン

ピパーチキッチンのピパーチとは?

ピパーチキッチンの名前の由来になっているピパーチは聞きなれない言葉ですが、石垣島の香辛料のようです。

石垣島の飲食店には普通においている島こしょうがピパーチというらしい。

正確には赤い実のピパーチから抽出したこしょう。

ピパーチ

 

ピパーチキッチンは石垣島出身のご夫婦が経営されているためピパーチの名前をお店の名前につけたそうです。

石垣島というとラー油が思い浮かべますが、こしょうも島独特のものがあるんですね。

ピパーチキッチンで念願のランチ

ピパーチキッチンのメニューは取っ手のついたまな板でできていました。

ピパーチキッチンのメニュー

店内も工夫されていて、オリジナリティあふれるおしゃれな店内空間が広がっています。

ピパーチキッチン店内

ピパーチキッチン店内2

ピパーチキッチン店内

古いお店ですが、とても清潔感があります。

さて、ようやくありつけるピパーチキッチンの待望のランチ。

妻はハンバーグ。僕はオムライスを注文しました。

ピパーチキッチンのオムライス

ピパーチキッチンのハンバーグランチ

 

僕は個人的にオムライスはデミグラスソースではなくケチャップで食べるのが好きです。

ピパーチキッチンにはケチャップがないとのことで、オリジナルオムライスを頼んでみましたところ、ケッチャプがかかってました。

いや、市販のケチャップではなくお手製のトマトソースがかかっているのでした。

これには逆に満足。

市販のケチャップのような酸味がほとんどなく、とても美味しかったです。

ハンバーグも絶品。

接客してくれたオーナーの奥様も、すごく明るくて、また来たいと思わせるお店でした。

3年がかりで行ってみて、とても満足のピパーチキッチンでした。