私はクライアントとして沖縄の住宅建築会社がエントリーされてから、沖縄住宅に関心を持ちました。

(PR)沖縄の住宅建築なら翔和クリエイト(PR)

本土から飛行機で那覇空港に降り立ち、モノレールやバス、タクシーで沖縄の街中を走ると、とても違和感を感じませんか?

なんだか異国にスリップしてきた感じ。

確かに南国独特のヤシの木や広い空、暖かい気候。

それらは異国の雰囲気を醸し出してはいます。

でも、それらとは別に根本的なところがなんだか違う。

何だろう。

そう、その違和感は沖縄の住宅が原因です。

沖縄の住宅は日本各地の住宅と造りがまるで違うのです。

沖縄住宅は台風対策の為にコンクリート造り

本土から沖縄を訪れた時に感じる違和感の正体。

それが沖縄独特のコンクリート造りの住宅にあります。

沖縄には、本土でよく見られる木造住宅がほぼありません。

ご承知の通り、毎年、毎年やってくる台風対策を考えると木造ではもたないのでしょう。

ただし、伝統的なあの赤瓦が特徴の琉球家屋は木造です。

琉球家屋は、その周辺にコンクリート塀を敷き詰めて台風対策としていたようです。

戦後、米軍が沖縄で鉄筋コンクリートの家屋を建て出して、その丈夫さから沖縄の人たちが真似して立て始めたのが、現代沖縄住宅の誕生の経緯のようです。

沖縄住宅現代の沖縄住宅はコンクリート造りで、本土で必ず見られる三角の屋根がありません。

これは推測ですが、沖縄には雪が降りませんので、三角屋根は不要なのでしょう。

日本の住宅の屋根が三角なのは、沖縄住宅のように、もし屋上が平たい住宅に雪が降ると雪の重みであっという間に押しつぶされてしまうからのように思います。

沖縄住宅

沖縄住宅の特徴

特徴1~屋上と広いベランダ

沖縄住宅の特徴のひとつが、屋上などに貯水タンクを備えている点です。

本土でもマンションなどの屋上に住民の水道用の貯水タンクが備えられてますが、沖縄には個人住宅に写真のような貯水タンクがちょくちょく見られます。

沖縄住宅沖縄は、最近はほとんどなくなりましたが、雨が降らない乾期とも言える時期には長年にわたり水不足に悩まされてきました。

水不足になると水道が断水になるのです。

その為、各家庭に貯水タンクを設けて水不足対策をしていました。

平成に入り、複数のダム建築が行われたおかげか、最近では断水はほとんどなくなったようです。

ちなみに私が移住して2年の間に、一度も断水は行われていません。

それから沖縄の住宅はベランダが広いのが特徴のひとつです。

私が生まれた古波蔵のおうちも首里の実家も15畳ぐらいの広いベランダがあります。

これだけ広いとBBQもできますし、洗濯物が干し放題です。

将来的に部屋を増築することも可能です。

アパートのような真四角のコンクリート住宅なので、このような広いベランダを設置することが可能なのかなと思います。

まあ、沖縄は土地が安いので本土と比べて広い土地に住宅を建築できる事も、ベランダが広い理由のひとつかもしれません。
沖縄住宅沖縄住宅

特徴2~バスタブなしの部屋が多い

沖縄の住宅の中でも、これは貸しアパートの特徴なのですが、沖縄のアパートにはほとんどバスタブがついていません。

バスタブがない理由は、沖縄の気候にあります。

沖縄は暑いのでお風呂にゆっくりつかるという習慣がないのです。

おまけにアメリカ文化もシャワー入浴が主なのでこうなったのだとは思います。

その為か沖縄企業が運営しているアパートにはバスタブなし物件が当たり前のようです。

バスタブはありませんが、トイレの横に、あるいは独立してシャワールームがついています。

バス・トイレ別なのにバスの部分にはバスタブがないのです。

私達はバスタブなしの生活が想像できなかったので、バスタブがついている物件だけを探しました。

本土企業が運営しているアパートやマンションには、少し割高にはなりますがバスタブがついています。

ところが、さすがに暑い夏はお風呂にゆっくりつかる気にはなりませんので、シャワーで済ませてしまいます。

でも、沖縄は実は常夏ではなく、冬は意外に寒いので、その時はバスタブが大活躍します。

ちなみに沖縄の一般住宅にはバスタブがあります。

と言っても数軒の情報しか持ち合わせていませんが、実家や親戚の家にはバスタブがありました。

でも、やっぱりあまり使われていないようですが・・・。

「ついててよかった。バスタブ」

沖縄移住の際はお気をつけ下さい。

沖縄住宅↑ たまにこのようなブロックを積み上げて出来ている家もあります。

レンガを積み上げるようにブロックを積み上げて家をつくるなんて、手作り感満載で童話「三匹の子豚」を思い出します。